BLOG

最近想うこと!

 WORKS BLOG

最近想うこと

2005年に独立して以来、15周年を迎えることが出来ました。

今日まで歩んで来れたのも、ひとえにお施主様のおかげと大変感謝申し上げます。

今までお世話になったクライアントの皆様、本当にありがとうございました。

この15年の間に、住宅建築も大変大きく変わってきました。

消費税も始めたころは、5%でしたが、今では10%。建築コストの資材材料、手間も徐々に上がって来ました。

省エネ住宅への国の方針もあり、断熱性能が急激に良くなりました。

必然的にコストが掛かるようになってきました。

イニシャルコストが安いのが、本当にコストが安いとは限らないと言うことです。

建物が完成してから掛かる光熱費、冷暖房費、メンテナンス費用等と考えて判断すると、

将来にわたってコストが掛からない家が、最終的なローコストな家と判断できるかと想います。

そこまで含めた考え方に立って、家づくりを判断できるかが大事なポイントとなります。

 

また、大きな事言うようですが、地球環境を考えて、CO2を出さない素材を選択しゴミを出さないで、

再利用資源を活用しております。

世界的に意識が高いSDGsを目標にして家づくりを考えております。

ただ安い家ではなく、良質で納得して、喜んで頂ける家づくりを目指して参ります。

加えて、その場所ならではの設計事務所(建築家)としての提案を重視しております。

メーカーには無い付加価値を提案させて頂いております。

その場所での価値を最大限活かせるのが、建築家、設計事務所の最大の利点と言えます。

また、哲・Braveデザイン工房では、職人さんの技を活かした家づくりとして提案させて頂いております。

職人さんと言えば、大工さんを筆頭に基礎屋さん、材木屋さん屋根板金職人、瓦職人、塗装職人さん左官職人、

電気やさん、設備屋さん鉄工やさん、暖房職人さん等々と様々な職人さんと連携協力して家づくりが出来ます。

 

ハウスメーカーさんのように工場生産による性能品質の強化に優れている家もありますが、

職人さんの高齢化及び減少問題もありますが、

職人技の伝統文化を護るべく、伝統建築を活かしていきたいと考えております。

職人の技を生かし、性能・デザインを担保してハウスメーカーさんにも勝るとも劣らない家づくりを提案するのが、

設計事務所の使命と考えます。

また、お施主さんにより良い物を提供するのが、設計事務所であることを信じております。

 

家づくりには、いろんな考え方もあり価値観もあり、

何を重きに考えているかを整理して、

自分自身がどのような家づくりを求めているかで、判断していく事を望みます。

 

価値観が共有出来ない家づくりほど、後で問題リスクを負うことになります。

ハウスメーカーが良いのか悪いのか、設計事務所・建築家が良いのか悪いのかを議論するのでは無く、

自分たちの家づくりがどちらに向いてるのかを判断することです。

少し考える時間があり、自分の設計に対する考えを整理してみました。

格好付けるわけではありませんが、独立した時と変わらない気持ちがあります。

売り上げも大事ですが、それ以上にお施主さんに納得して喜んで頂ける家づくりが何よりです。

この事は、年を重ねるごとに強くなっております。

設計に対して、益々努力精進して参ります。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

 

株式会社 哲・Braveデザイン工房  堀内