BLOG

家づくりで大事なポイント4

 INFORMATION
  • 家づくりで大事なポイント4
  • 4.デザイン性(外観・内観)

 

  • 設計事務所として、
  • 住宅といえども外観にしても内観にしても特にこだわって提案させて頂いております。
  • お施主さんの求めているデザインと敷地の環境を見ながら景観条例とも相談しながら、
  • あまり奇抜になりすぎず、調和を取りながら自己主張を目指しております。
  • 配置計画の時にも触れましたが、
  • 前面道路及び廻りからどのように見られるのか?
  • また一番よく見られる角度を探していきます。
  • そしてそこをファサードと捉えて外観のデザインを探っていきます。
  • 外観のデザインもいろいろあります。
  • 洋風建築、和風建築、和モダン風、モダン風(近代建築)等と様々あります。
  • 哲・Braveでは、どちらかというと和モダン風とモダンな建物が得意としているところです。
  • 建物を見る者に安心を与え美しく心地良いデザインにしたいと考えております。

 

  • そのために窓の役割は、大事なポイントです。
  • 法的(採光・換気等)や機能性(断熱性・遮光性・結露)からも重要ですが
  • 色・形状・大きさも大事になってきます。
  • 外壁の素材に合わせて色あわせを行います。
  • 窓の位置よっては、外から丸見えにならないように配慮します。
  • 植栽計画で対応したり塀を設けたりして、
  • 外から視線が気にならないように位置高さを確認していきます。
  • 室内でのプライバシーを確保しつつ外観デザインを纏めていきます。
  • 植栽や目隠し塀は、建築デザインの一部となり大事な要素です。

 

  • また、内観デザインに関しては、特にL.D.Kの空間が大事なってきます。
  • 心地よいリラックス出来る空間を創るために、
  • 空間の大きさ窓の位置や形状大きさを決めていきます。

 

  • 外観から攻めながら、内観のデザインへと検討を進めていきます。
  • 外→内→外と何度も繰り返し検討して纏めていきます。

 

  • 高さ関係をしっかり検討して、立面図を検討していきます。
  • 立面図の検討がある程度になれば、エスキース模型を造って更に検討を行います。
  • 1/100のスケールで製作します。

 

  • 図面では、なかなか分かり難くても、
  • 模型だと形プロポーションがよく解り、お施主さんには好評です。
  • イメージしたデザインを解りやすく伝えるために、模型は有効的です。
  • また、パースも大変解りやすいです。
  • ただ、パースがあまり得意ではないので、たまにしか画いておりません。
  • いずれにしても、解りやすく提案したいと考えております。
  •  

 

/* */