BLOG

パネルヒーターについて想う!Part.1

 INFORMATION

パネルヒーターについて想う!

上部『遊具のある家』

 

『開放感のある家』

 

『伊那北の家』

 

現在、我がアトリエにてパネルヒーターの体感会を開催中です。

お気軽に寄ってください。

さて、パネルヒーターについて想う事を自由に述べたいと思います。

論文ではないので、主観でどんどん言っていきます。

 

パネルヒーターは、気持ちが良いです。(あえて暖かいという言葉を使わない方が良い。)

 

室内環境としては、季節を忘れます。窓を見て雪が見えて初めて冬なんだと実感!

ちょっと大袈裟かもしれませんが、そんな感じで日々仕事してます。

 

アトリエ室内の温度を何時も、だいたい21℃から22℃に調整をしています。

打合せ室の1階と2階の製図室にもそれぞれ温湿度計を置いて計っています。

暑くもなく寒くもなく普通にしていられる環境にしています。

 

応援に来ている松岡君なんかは、それでも暑くてTシャツでいる事もしばしばです。

体感温度の適温は個人差がありますので・・・。(笑)

そんな環境を造りだすのに、パネルヒーターの温度設定が気になるところですが、

パネルヒーターの中を流れている不凍液があります。

ヒートポンプで熱を造りだしているのですが、大元の送り出している温度は35度から38度くらいで流しております。

外気温がマイナス10℃以下の時で41度から42度で程度で流しております。

お施主さん方には、一番寒い時でも流す温度は、お風呂の温度くらいと説明させて頂いております。

 

間違っても暑くて火傷する事はありません。

音もありません。

吹き出し口もありません。

二酸化炭素も出ません。

 

パネルヒーターは輻射式暖房器です。

じわじわと家全体が常温になるのです。

冬季期間中は、24時間フル稼働で暖房しています。

中間期(春先と秋口)は、タイマー運転をしています。

 

こんな使いかをしています。

気になるのが、光熱費が相当かかるんじゃないかと思われるのですが・・・。

 

それが意外と電気代かからない!?

いやいや相当かからいと言った方がいいかも!

どっかのCMに『嘘だと思ったら食べてくだい!』とありましたが、

 

アトリエの1年間から2年間分の光熱費(電気代)をお見せできます。

『嘘だと思ったら見てください!』で対応してます。

また、建築されたお施主さん方の年間データーも10数件分お見せできます。

お施主さん方も、私以上にビックリされています。

 

そうするためには、大事なポイントがあります・・・。

 

次回にお話しさせて頂きます。

 

今回は以上です。

御静聴ありがとうございました。

 

哲・Braveデザイン工房 堀内