なぜ設計事務所へ依頼するのか

  1. 設計及び工事監理をしてもらえる。
  2. 全体(予算・施工面)の透明性が増す。
  3. 第三者の専門家(スペシャリスト)をお施主の味方にできる。

設計面

○理想の家づくりを提案してくれる。
○家のイメージを具体化してくれる。

●配置計画・平面計画・立面計画・空間計画をしてくれる。 ●電気設備計画(照明計画等) ●機械設備計画(冷暖房計画)
●構造も自由度がある。(木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート造等) ●設備関係も自由。(給湯設備・空調設備・冷暖房設備等)
●キッチン・浴室にしてもメーカーをどこにするも自由。 ●内外の仕上げ材料・木材等も自由。(予算に合わせて決めていく)
●お施主さんに合わせて、はばの広い提案をしてもらえる。

○しっかりとした設計図面を引いてもらえる。
○詳細図面も多い。

●打ち合わせが大変多い。…自分の要望を伝えやすい。 ●細部に渡り、協議検討が出来る。…納得に通じていく。
●…施工時に打ち合わせしやすい。 ●図面の枚数も多い。 ●…収まりが検討され施工しやすい。

○予算調整をしてくれる。
○透明性が増す。

●設計した者が見積書等をチェックするので、予算調整時にはお施主さんの最大の見方となる。 ●同様にそれぞれ工事項目の単価、材料の数量もしっかり適正かどうか全項目チェックしてもらえる。 ●…信憑性がある。

監理面

○工事監理してもらえる。
○透明性が増す。

●専門家がしっかり現場に入る事により、現場に良い緊張感が生まれる。 ●図面通りに進んでいるかどうか、建築資材が仕様どおりになっているかどうか監理してもらえる。 ●第三者としてチェック検査できる。 ●地盤調査、配筋検査、コンクリート製品検査、型枠検査、材木検査、含水率検査、建て方検査、内装制限、24時間換気、自動火災報知機検査等。お施主さんにも、しっかりと現場に来ていただき、工事の進捗状況を確認して頂ける。

○将来に渡り、相談でき頼りになる。
●工事完成以後も、将来に渡り相談しやすい。

重要点

以上の内容を実行できるのは、あくまでお施主さんが直接設計事務所に依頼する事により実現できるのです。
施工会社とは、対等な立場になる事によって信頼の高い監理ができるのです。

施工会社でも設計事務所を併設したり、若しくは下請けとして設計事務所を使います。その場合は、あくまで雇い主は施工会社になってしまうのです。
そのため、第三者的な立場はとれません。または施工会社に義理が出来てしまい、施工会社に不利になるような対応がとれていないのが現状です。
ゆえに、お施主さんのための行動がとれないのです。よって前述したように、直接設計事務所へ依頼することがお施主さん自身にとって最良の選択となるのです。
当事務所としましては、ここを良く考えて欲しいところであります。

設計事務所の建築士は、家造りのプロデューサー!

これから住もうと思っている、また今住んでいる地域の環境に合わせて「あなたの夢の家づくり」を具体的な実現に向けて計画提案していくのが、設計事務所の仕事です。一生に一度の満足のいく家造りをするためには、何度も建築士・建築家とコミュニケーションをとる事が大事です。
「家造り」と言ってもいろんな形の「家造り」があります。例えば構造的な種類や施工的な種類からみると、構造的には木造・鉄骨造・鉄筋コンクリート(RC)造等とあります。
また施工的(工法) にみれば、木造には、在来工法・在来伝統軸組工法・2×4工法等があります。
RC 造・S 造の中には、壁式構造・ラーメン構造・ブレス工法等と様々です。どんな構造や手法を取るかは、どんなイメージの家にするかによって決まります。
哲・Brave では、制限のない柔軟性のあるプロデュースが可能で、ご期待にお応えできる提案を心がけております。

構造重視のデザイン!

通し柱伝統工法。大黒柱180㎜×180㎜を家の中心軸に入れ、通し柱(最低4 寸角、120×120)管柱も4 寸角(120×120)。2 間グリットを基本に組合せ、平面計画を検討していく。
梁1 スパン2 間=3640 ㎜となり、1 階梁幅(最低270 ㎜)、2 階梁幅(240 ㎜)を基本にして構造計画をする(グリッドプラン)。
以上のようなガッチリとした構造的な考え方の中で、意匠的にも見せるような組み方をしていきます。

エコロジーハウス・低燃費住宅の基本スタンス

体に優しい設計をする。今でこそ当り前の事ではありますがシックハウスで悩んでいる住宅マンション等が結構ありました。その事によって建築基準法も変りシックハウス法が制定され、24 時間換気が義務付けられました。室内に発散された化学物質を外へ出す方法です。そもそもこの法が出てきた経緯は、化学物質を含んだ建材の多用によるものでした。現在は、数値の低いF4スター商品であれば、問題なしと判断されていますが、哲・Brave の考えとしては、構造材は当然として意匠材等も無垢材や自然素材を使用することを基本に考えております。
私自身もアレルギー体質ということもあり、特に留意していきたいと思っております。

また、これからの住宅として、低燃費住宅を推奨提案させて頂いております。高断熱にすることで、冬場夏場の冷暖房の光熱費を最大限押えております。仕様する断熱材についてもこだわって使用しております。

お施主さんと共に築き上ていく設計を

斬新な計画設計をする、いわゆる建築家のようなスタイルも決して悪くはないのですが、自己満足のような作品は作りたくないと考えていました。ここ近年で考え方が、変わりました。自己満足は、決して悪くない、かえって良い考えだと。建築家自身が住みたいと想える家づくりをしてこそ、納得して頂ける提案だと思うようになりました。独立して早10年が経ちます。考え方も変わりました。
また、出来る限り施主の思いを反映させたプランや、意匠景観づくりを提案していきたいと考えております。
施主さんと共に、悩みながら理想の家造りを、また、設計をしていきたいと考えます。

お施主様還元システム

何を持ってお施主へ還元していくのか? それは安心安全面でありコスト面であり、納得です。特に安心安全面( 工事監理) の部分ですが、施主の立場でしっかり監理できるのが設計事務所であります。ハウスメーカーや工務店では、施主の立場での監理は難しい状況にあります。当然責任施工で行っておりますが、工事監理は施主の立場( 第3 者の目) があってこそ信憑性が増します。その役割が設計事務所です。設計監理・CM 業務により満足度をお施主様へ還元していくことにあり、またコスト面においてもより良い物( 木材、素材) をネット価格で提供いたします。(CM 業務の場合)

お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。

あなたの理想の家を探してみませんか! 土地探しから資金融資と、どんなことでも一緒に考えます。新築に限らずリフォーム( 増築改修) やリノベーション、工事後の困ったことでも構いません、建築に関ることでしたら、お気軽にご相談ください。時間に限りはありますが、無料ですのでお気軽にどうぞ、出来れば住宅設計を主としている設計事務所への相談が望ましいと考えます。